お家の進路相談所スタッフブログ

マンションコンシェルジュの質の向上は急務

2016/5/23

 

 

唐突ですが、筆者の妻と娘は、歌手の福山雅治さんのファンです。ここ数年は年末のコンサートに、横浜まで泊りがけで親子仲良く出かけています(そのとき私は独りぼっちです)。それはさておき、福山夫婦が自宅マンションに侵入される被害に遭い、その犯人が捕まったというニュースを見ました。その犯人がよりによって、同マンションの管理や住人の世話をしているコンシェルジュというから驚きです。

 

最近はこの地方でも大規模マンションなどで、コンシェルジュサービスを提供する物件が販売されるようになりました。大規模ならではの差別化を考えたうえで付加価値としているのでしょう。

 

マンションデベロッパーに聞いてみると、コンシェルジュサービスは概ね好評とのことで、今後はより多くの物件に提供されていくのではないかという事でした。ただし、コンシェルジュを設置することによる費用負担は、もちろん入居者がすることになるので、コンシェルジュの「質」やサービス内容は入居者の懐具合によって変わってきます。

 

マンションの管理は、住人が自ら行う自主管理タイプと、管理業務を外部業者に委託するタイプに分かれます。自主管理タイプはほとんどが昭和の時代に建てられた、戸数30戸以下の小規模マンションなので、現在では極めて稀な存在です。外部委託タイプのマンションには管理人が常駐したり、巡回するなどの方法で共有部の管理を行います。

 

コンシェルジュは通常の管理人業務に生活サービスをプラスしたり、管理人とは独立して生活サービスだけを提供する人を言います。サービス内容が多岐にわたるので、信頼して部屋の鍵を預ける事もあります(ほとんどがそうするそうです)。

 

絶対的信頼をいただくコンシェルジュがおこした今回の事件は、今後のマンション販売にも影響を与えるかもしれません。じつはこれまでにもコンシェルジュがおこした事件があったそうですが、今回は被害者が有名人だったので話題に上っただけで、氷山の一角なのかもしれません。

 

今回の事件は残念なことではありますが、これを機会にマンション管理会社は「質」の向上に努力していただきたいです。今後は入居者の高齢化なども進み、介護サービスとの融合などの期待されます、そのためにはコンシェルジュが尊い志しを持ち、「憧れの職業」と呼ばれるくらいにまで高めていかなければいけないでしょうし、それぐらいの人でなければ自宅の鍵を預ける気にはなりません。

 

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△ お家の進路相談所® 株式会社ハウジングコンサルティングファーム http://hocs.jp/ 〒444-0059 愛知県岡崎市洞町字西五位原1-1 GoonFactory 102 TEL(0564)26-0222 FAX(0564)26-0220 △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

カレンダー

2017年12月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222