お家の進路相談所スタッフブログ

中古住宅の建物の不安を無くす方法。

2016/5/26

 

中古住宅を購入するときの不安要素として上げられる要素の一つとして「情報不足」があります。多くの場合が、築年数に比例して提供できる情報は少なく陳腐化していきます、本来ならば築年数が長い分、情報が多いはずですが、何故か住宅に限ってはそうなりません。

 

中古住宅で売主から提供される建物や土地に関する資料は、多くてもそれらを購入した時に手にした資料に限られ、最終的に購入や建築に至るまでに得られた資料は残されることはあまりありません。例えば、マンションや分譲住宅ならば販売時のチラシなどの広告資料、注文住宅ならば請負契約に至るまでの打ち合わせ資料やパンフレットなどです。

 

実はこれらの中古物件として売り出すときに関係なさそうな資料は、再販時に、価格査定や買主の購入動機に大きく影響を与えることがあります。高額な取引にもかかわらず、ひどい場合は売主から提供される資料が何もなく、「現物を見て判断してくれ。」と言われても建築や不動産に知識の無い一般の人が分かるわけがありません。

 

さらに問題なのは建築物に対する資料がほとんどないことです。中古住宅やマンションを購入する人は、間に入る不動産業者が、たとえ情報提供が少なくとも、しっかりとチェックをしてくれているだろうと勝手に期待をしますが、不動産仲介業者は建物を診断するプロではないので、キレイ・汚い、古い・新しい、など子供でも分かるようなことを、さも専門家のようなふりをして説明し、お茶を濁すだけです。

 

とは言え、無いものを求めても仕方がないので、これからは「インスペクション」を実施するべきでしょう。これまでは啓蒙しなければいけない立場のはずの不動産業者が、面倒を避けるためにインスペクションを避けてきたフシがありますが、最近はインスペクションが注目されてきたので、要望があれば対応する不動産業者も出てきました。

 

将来的にはインスペクションの斡旋などが売買契約時に説明することが、法律で義務付けられることになりましたので、インスペクションをしているか否かは説明されますが、契約の直前でそれを聞かされるより、購入の相談時からインスペクション済み、若しくは予定の物件を購入したいと希望を伝えて第一条件とすれば、建物に対する不安を払しょくし、安心して売買契約に臨むことができます。

 

 

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△ お家の進路相談所® 株式会社ハウジングコンサルティングファーム http://hocs.jp/ 〒444-0059 愛知県岡崎市洞町字西五位原1-1 GoonFactory 102 TEL(0564)26-0222 FAX(0564)26-0220 △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

カレンダー

2017年12月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222