お家の進路相談所スタッフブログ

住宅の取得を老後の「保障」とする。

 

 

今日は“一日快晴”って予報だったのだと思うのですが、すっかり騙されてしまいました。なかなか人生といっしょで思った通りにはならないものですね、不確定な時代だからこそ安心感を求めるものです。特に老後の生活に対する不安はだれでも持つものです、そんな不安を解消してくれるかもしれないのが“リバースモーゲージ”です。

 

今のところは一部を除き、一戸建ての住宅が対象ですが、老後に手持ち資金が不如意になったときに持家を担保にして融資を受け、返済は本人の死亡後に自宅を売却して返済するという方法が“リバースモーゲージ”です。

 

リバースモーゲージのメリットは概ね次の通りです、住み慣れた自宅を手放さずに、そのまま住み続けることができる上に、老後の生活資金を受け取ることが可能です。基本的には、死亡時に元本返済、生存中は利息のみ支払うため(商品によってはまったく返済の不要な商品もあります。)経済的な負担は軽いです。

 

対してリバースモーゲージのデメリットは次の通りです、民間の金融機関が取り扱うリバースモーゲージは、融資担保となる対象不動産の多くが持家で、円滑な担保売却が見込める都市部の住宅に限定される傾向があるため、多くの場合、自分の住む地域に取扱い金融機関がなければ利用できません。
 また、土地の評価により融資限度額が決められますので、必ずしも希望する金額が融資されるとは限りません。それ以外にも、土地評価額が定期的に見直されるため、期間途中で土地評価額が下落した場合、融資限度額は下がります。なかには、すでに借りている金額が限度額を超えてしまった場合に1年以内に返済しなければならないものもあります。
 リバースモーゲージの認知度がまだ低く、利用できる金融機関等も少ないこと、利用者が高齢のため仕組みを理解することが難しいなどもデメリットとしてあげられます。

 

過去、家は引き継いでいくものでした。しかし少子化の時代には使われなくなった空き家が増え続けているのも事実です、場合によっては良かれと思って残した家が逆に負担になってしまうことすらあります。これからの時代にはこういった方法を用いて老後の準備をしておけば、子供たちに迷惑をかけないで済むかもしれません、自分の始末は自分でつけるのが理想ですよね。

例えばこんな商品です。

カレンダー

2018年11月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222