お家の進路相談所スタッフブログ

若年化?

住団連なる団体が発表したところによると

10年度の戸建て注文住宅の施主の具体像が

前年より0.6歳若くなり、41.1歳となったそうだ

30歳代で全体の47%を占めていて、世帯年収の平均は

3年前に比べてなんと83万円も減少して807万円になり

土地と建物の購入で4911万円で年収の6倍という結果。

何故この時代に若年化と低所得化が進むのだろう?

一次取得者向けの低価格一戸建ての出現と

将来に対する不安感、政府の持家奨励対策などの様々な要因が

もたらした結果であることは疑う余地はないのだが

本当にこれで良いのだろうか?

少し前まで政府は「ウサギ小屋からの脱却」をかかげて

家も土地も広くせよと言っていたではないか

それなのにこの結果というのは

なんとも情けない。

40年近く前にも、たしか似たような低価格分譲の

ブームがあったような気がする、それらが現在どうなって

いるかというと、不動産としての価値を認められず

転売しようにも買い手がつかない状態で

ゴーストタウンと化してしまった所もあると聞く

歴史は繰り返すのか?

我々としてできることはないのだろうか?

買ってはいけない不動産が存在する限り

「悪徳不動産屋」という名詞を消すことはできないだろう

せめて私たちにできることは、目の前のお客様には

後悔させることの無い様に精進することだろう。

カレンダー

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222