お家の進路相談所スタッフブログ

キライな言葉、片手と両手

不動産を売ったり、買ったりしてそこに不動産業者が介在すると

仲介手数料が発生します、そこでタイトルの片手と両手の出番です。

片手とは売主若しくは買主のどちらか一方から手数料を頂戴するということ

両手とはその両方から手数料を頂戴するということ

同じ取引だとすると、ひとつの不動産業者が得る手数料は

その差は2倍になります、3000万円の取引だとすると

一般的には概ね片手だと手数料は100万円、それぞれから頂戴して両手だと200万円。

誰だっていただけるものは多いほうが良いに決まっています、

だから一部の不動産業者は両手取引が大好きです。

不動産業者は仲介をする立場です、仲介とは仲立ちすることであり

売主・買主双方の仲立ち(利益を最大限にするように努力する)をするということ、

一部のケースを除き、不可能(利益相反)だと思います。

両手取引の問題は、売主にとっては情報が正等に開示されるか保証されないこと

買主にとっては、適正な価格になるのか、交渉できるのか不明瞭なことなどいろいろあります。

この両手取引を禁止しようという動きがありますが、なかなかいろいろな方面からの圧力なのか

それとも政権の力の無さなのかは解りませんが、前に進む雰囲気は感じられません。

単純に手数料が減るからといって両手禁止に反対する人・企業があることが信じられません、

こういった業界の習慣を変えていく努力をしないと、不動産業界に未来は無いのかもしれません

両手はやめましょう、手数料の基準も見直しましょう、すくなくとも私は双方の希望が無い限りは

両手取引は行ないません、でないと「中立的な第三者です。)と言えなくなってしまいますから。

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222