お家の進路相談所スタッフブログ

マンション戦線に異常あり?

これからの東海地方のマンション価格に変化がありそうです。東日本大震災の後、東海地方には思ったほどの変化が無く余り影響はない、というのが今までの見方でしたが、ここにきてマンションには影響が出てきそうです。

 

これから供給されるマンションは、リーマンショック後に土地の仕込みをした物件が中心であり、仕入れ価格が低いため相対的に販売価格が安くなるか、面積が大きくなるかという見方でしたが、東日本の本格的復興による資材不足を原因とした建材の高騰予測と耐震性の向上・防災対策による共用施設のグレードアップ等の理由により販売価格は逆に上昇するのではないかという見込みを不動産専門のデータバンクが公表しました。

 

今後のマンション供給スタイルのスタンダードの転換点なのかもしれません、質の向上は今後の消費者にとっては良い知らせなのでしょうが、急激な質の変化は従来のマンションの所有者にとってはマイナス効果となって働く事でしょう。特に耐震性の向上や防災設備のグレードアップは従来のマンションとは比較にならないことなので、リセール(中古マンションとして売り出す事)の時には影響が出ることは避けられないと思います。

 

中古マンションの購入を検討されている方にとっては朗報かもしれませんが、しばらくの間、売却のための査定は不安定な状態が続くのではないかと懸念します。

カレンダー

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222