お家の進路相談所スタッフブログ

液状化はアンタッチャブル

今回の震災でもたらされた被害で、東海地方では

あまり目立った報道はなされていないことの一つに

液状化のことがある。

千葉県の一地域だけで750件の被害、全国では1万件ほどの被害だそうだ。

被害にあったのは、むろん埋立地であり、人口の密集地域と重なる

不安を煽るつもりはないが、東海地方はもともとが、水田か海浜を埋め立てた

造成地だらけであり、多くの家屋が関係のある話である。

この件については、以前から解っていたことであり

対策をしようと発言される学者がいないわけではなかったが

戸建て住宅については正直言って

有効な対策はほとんどできないのが実情である。

高層マンションや最近の公共施設などは

高額な費用をかけて基礎補強をしている建物が多いので

多少不安は減少するが、万全とは言い難いだろうし

地震の際に建物が傾かなくても、周りのライフラインが壊滅すれば

住めないのは一緒である。

被害にあった千葉県の学者の自宅は、根本的な対策は経済的にあきらめて

傾いた家屋を元に戻すという対処療法で済ますという事。

たしかに百年に1回の地震のために万全の対策を施すというのは

経済的に合理的ではないだろうし、それを行っても本当に効果があるかどうかは

わからないのだから当然の考えかもしれない。

但し、これからは別である、私たちは液状化の恐ろしさを学んだわけであるし

技術だって進歩しているのである

先人の教えを忘れ去らないうちに、あたらしい基準を作り上げるのが

私たちの務めではないだろうか。

カレンダー

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222