お家の進路相談所スタッフブログ

江戸時代の住まい。

半分家族サービスなのですが金沢市界隈に、

江戸時代の建物見学に行ってきました。

神社仏閣、農家武家集落など、はじめて見るところもたくさんあり、大満足でした。

なかでも、江戸時代末期の現存する建物を見学させてくれる、湯涌江戸村には

当時の農家が再現してあるのですが、私が感じたのは、なんと「郷愁」でした。

もちろん、私は昭和生まれですが、私の幼少の頃には近所にはまだ、

藁葺き屋根の農家が数件残っていたので、懐かしく感じたのです。

三和土の土間やいろり、広縁など現代の住宅では贅沢の極み、象徴ともいえる物が

あたりまえのようにそこに存在し、生活の中心となっていました。

現代の便利で快適な住宅とはかけ離れてはいますが、それでも今になっても

昔のような家が欲しいと若い人が言われるのは、日本人のDNAなのでしょうか?

あらためて、「住まい」とは何なのか考えさせられた経験でした。

江戸村で45年位前にタイムスリップしたハナタレ小僧の進くんは、今の私を

どう見ているのか気になります。

ちなみに写真は帰り道に寄った白川郷ですが、完璧な観光地だったので

ちょっと残念でした。

Android携帯からの投稿

カレンダー

2018年10月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222