お家の進路相談所スタッフブログ

資産価値の高い土地。

最近何故か『ボサノヴァ』にはまっています、これも加齢現象の一種なのでしょうか?自らの好みの変化に戸惑っています。

 

住まいの購入で戸惑っている方の中には「自分と家族が転勤や親の都合で購入した住まいに住み続ける事ができる。」のかが不安・不明で迷っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。その不安は住まいの資産価値を検討することにより解消できるかもしれません。

 

住まいを購入したりするときに、その住まいを売却や賃貸することまで考える人は、多くはないでしょう。ただ、人生何が起こるかわかりません。永住するつもりでいても、何らかの事情でその家を手放さなければならなくなる事がおきるかもしれません。そんなとき、重要になってくるのが住まいの資産価値なのです。

 

資産価値は時間の経過とともに変化するものですが、その時事的条件を無視する場合、資産価値は大きく分けて「土地」と「建物」に分かれます。

 

ここでいう資産価値は他人の視点で見た、一般の人が欲する資産価値であり、固定資産や相続時の評価でも無く、ましてや自分個人からの価値ではありません、要は高すぎてもダメ、安すぎてもダメで一般の人が手にし易いことが最も重要な条件です。例えば利便性が良くて広い土地に大きな屋敷があったとすると、それを買ってもらったり、借りてもらうお客様の絶対数は必然的に少ないので結果として価格(資産価値)は下げられてしまいます。

 

「土地」の資産価値は都市計画法や建築基準法などの法的な条件はもとより、利便性・環境・広さ・などの条件がバランスよく整っていて初めて資産価値が高い土地と言えるでしょう。いくら駅に近くても広すぎたり狭すぎたりしてはダメですし、駅から遠くても、安くて広くて且つ街並みが整っていれば資産価値は一般的には高まります。つまり普通の人が普通に購入する「土地」こそが流動性(お金に換えやすい)の高い資産です。

 

「普通」の物件を「普通」に購入すれば将来への不安・リスクは低減できます、でもどうしても「普通」を判断できない方は私どもへご相談ください。

 

次回は資産価値を高める「建物」についてお伝えしたいと思います。

カレンダー

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222