お家の進路相談所スタッフブログ

アメリカの分譲住宅

20年以上も前の話になりますが、会社の研修でアメリカの分譲住宅を

見学に行ったことがあります、はじめてのカルフォルニアで見るものさわる物

始めてづくしで、驚きの連続だったのですが、分譲住宅もやはりびっくりものでした。

いわゆる建売分譲の見学では、デザイン力の違いに感動すらいたしました、

とにかく、外観デザイン・内装デザイン・エクステリアデザインの全てがひとつの

コンセプトで完璧に統一されて、プロの仕事だなぁ~と感心しっぱなしでした。

マイホームコンサルタントHOCSのブログ

リビングでは、カーペット・壁に飾られた絵・ソファ・クッション・カーテン・壁紙・照明器具

等が、色柄から形状、質感まで統一されて、まるで完成された絵の中に入り込んだ

ような錯覚におちいるようです。

ただし意外だったのは、家そのもののボリュームです、販売対象が

ニューファミリー向けだったということもあるのでしょうが、

それほど広くない(たしか40坪くらいだったかと)。

土地はもちろん200坪くらいはありそうでしたが、それぞれの寝室の大きさも

日本と大した違いは無く、拍子抜けしました。でも、玄関が無いとか廊下が無いとか

日本と間取が違うので、家族が集まる空間はとても広く感じられました。

しか~~~し、最大のびっくりは、作り(仕上げ)の雑さが超一級品、日本でしたら

とても引渡し出来ないレベルのひどさ、当時案内してくれた販売会社の人

(身長が2mくらいあった)はビューティフルを連発していましたが、それには

苦笑いするしか有りませんでした。

アメリカと日本を比較することは、法制度の違いの問題も有って単純には

できませんが、やはり住宅の選択はその地方の気候風土と文化を

最優先にするべきではないかと思います。

また、自身がデザイン力を身に付けるか、プロの力を借りることによって

低予算で、洒落た家に住むことも充分可能です、誰と一緒になって

家づくりするかはとても重要ですね。

そういえば、これを書いていて嫌なことを思い出した、アメリカの本屋で雑誌を物色

していたら、デカイお兄ちゃんたちに囲まれて、びくびくしていたらいつの間にか

尻ポケットのお金が無くなっていた。

チクショーーーーー!金返せーーーーー!!!!


カレンダー

2018年10月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222