お家の進路相談所スタッフブログ

家を買わないという選択。


 


 


なでしこ」が期待通りの快進撃です、今夜のエジプト戦では男子がスカッとさせてくれるでしょう。


 


住まい探しで勝利するということは、なにも家を購入することばかりが勝利ではありません。


住まいを購入しないと言う選択肢だってもちろん有りです、所有せずに賃貸に住むメリットとしては、


 


①自由に転居できる。


②災害時に個人が金銭的に損失する額が少ない。


③生涯にわたる住居費が所有より少ない。


 


といったところでしょうか。


 


①についてはお子様のいらっしゃる方とそうでない方とは事情が随分違うので同列で比較できませんが、単身の方であれば、仮に購入するとしても自分の生涯の後半になってからでも遅くはありません、逆に早すぎる購入は生涯の足枷になりかねません。


 


②は一般的な賃貸借契約であれば、建物が災害等で崩壊や滅失したとしても借主はその責を負いません。また新たな賃貸住宅を探せばよいのです、ただしその時に都合の良い賃貸物件が見つかる保証はありません。


 


③は意見が分かれるところです、賃貸住宅推奨派の方は絶対に賃貸のほうが生涯住居費は安くつくとおっしゃいますが、私はその意見には懐疑的です。何歳まで同じ家に住み続けるのかは誰にも分かりません、老後も含めて生涯に渡って家賃を払い続けるのか、住宅ローン完済後は公租公課(固定資産税など)の負担と最小限の維持費だけで済ますのか、人生が終わってみないと結論が出ないでしょう。


 


 


 肝心なのは他人の価値観に振り回されないことです、賃貸か持家かではなく、自分にとってどんなスタイルが適しているのかよく考えて判断し(ライフプランを作成する)、タイミングを図る事です。


 


 


持家にあって賃貸住宅に無いものをあえてあげるならば、それは「柱に刻まれた子供の成長の思い出」です、これはお金に換えられません。


 


 


 


今晩は岡崎市の花火大会です、弊社は会場のすぐ隣に位置しますので、周辺は朝からそわそわした人で賑わっています、往年の康生地区を思い出しますね。


 


 


 


カレンダー

2018年11月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222