お家の進路相談所スタッフブログ

便利な生活と豊かな環境を併せ持つ住まい。

2016/11/8

 

先日、拙稿で住宅地を同じ価格で選ぶなら、郊外地よりも市街地とお伝えしました。意外な反響をいただきましたが、言葉足らずだったようなので捕捉します。

 

利便性を基準に考えての「市街地を選択。」でしたが、市街地を選ぶ他の理由として「劣化しにくい」があります。人口減少を迎えるこれからの時代、この地方においても人口が集中する地域と過疎化する地域の差は明確化しています。

 

愛知県の中でも市単位で既に人口減少が著しい市もあれば、全体では人口が増えている岡崎市の中でも、町単位では減少している町もあります。今後この流れは変わることは無いでしょうし、さらに顕著になっていくことでしょう。そのような時代に人口減少地域に資源や資金を投下することは現実的ではありません。現在そういった地域に住まいをかまえる方には許容できることではないでしょうが、効率を求めるとその動きは避けられません。

 

「市街地だって劣化している。」ともご意見をいただきました、確かに商店が無くなったり、公共施設が移転したりはしますが、跡地は放置されるわけではなく、必ず何か別の施設や建物がおかれます。それは劣化ではなく変化です。もちろん今現在がスラム化している地域は除外するのは言うまでもありません。

 

あくまでも同価格で比較すれば市街地を選択する方が良い、が筆者の考えですが、土地選びの最終判断は「何を拠り所」にするかになるでしょう。どうしても利便性と自然豊かな環境の両方が欲しいのであれば、週末用の家を別に所有するという選択もあります。

 

別荘と呼ぶほどの立派な構えでなければ、週末暮らし専用の住居を持つことは以前ほど大きな負担ではなくなりました。数百万で購入できる田舎物件は多数あります、普段は都会で暮らして利便性を享受し、休日はきれいな空気を満喫する、そんな生活は意外と現実的です。

 

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△ お家の進路相談所® 株式会社ハウジングコンサルティングファーム http://hocs.jp 〒444-0059 愛知県岡崎市洞町字西五位原1-1 TEL(0564)26-0222 FAX(0564)26-0220 △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

カレンダー

2018年11月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222