お家の進路相談所スタッフブログ

結婚資金と住まい

弊社でお客様のライフプランを作成する場合に、お客様のお子様が結婚される場合(といっても、弊社でライフプランを作成させていただくお客様のほとんどが30~40代の方ですので遠い将来の話です。)の結婚式への資金援助を想定します。

 

結婚情報誌の会社の調査によると、平均的な結婚費用(婚約・挙式・新婚旅行まで含めて)は東海地区においては450万円位とのこと、名古屋は派手婚といわれますが、実は全国平均の461万円より若干少ないのです。

 

そこで、親は子供へいったいいくら資金援助を予定するかですが、0円~200万円位までの間でご意見は様々です、やはり自分が受けた経験が物を言うようですね。

 

お子様の人数によって資金援助の金額は左右されます。家を継ぐ人、そうでない人、同居する人、別居する人など結婚の条件によっても変わるでしょうし、結婚相手の出方によっても変わるでしょうから、方程式を作ることは弊社でもあきらめています。

 

あらためて結婚式の費用を確認してみると、大変な金額だと思います。自分が結婚式にどれぐらいの費用をかけたのかすっかり忘れてしまいましたが、もし今同じ金額を払えといわれたら絶対に躊躇します。そこにお金をかけるよりも「あれや、これや」に使ったほうが合理的ではないかと損得勘定で判断してしまうでしょう。

 

しかし若さゆえにお金のことより夢やロマンが先行するのが結婚式なのでしょうね、一生に一回の事ですからやむを得ない出費かもしれません。でもファイナンシャル・プランナーの立場としてあえて言わせていただきます。

 

【400万円分住宅ローンを減らせば、老後資金が600万円は増える、孫に小遣いもやれる。】

 

 今年50歳になる初老の域を迎えたFPの独り言です・・・。

カレンダー

2018年10月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222