お家の進路相談所スタッフブログ

住宅を取得すると、お小遣いが減ります。

2016/5/8

 

弊社にライフプラン書の作成依頼をいただいた時には、「住宅取得後の生活費の見直し」を伺います。多くの方は新築の住居に転居すると、水光熱費や水道料は、住宅の性能が良くなる分、少なくなると思っていらっしゃるようですが、実態は決してそうではありません。

 

2014年の住宅金融支援機構の調査では、約半数が以前より出費が増えたと回答しています。「やや減った」「減った」との回答は2割に過ぎないので、住宅性能が上がったとしても、その分で快適な生活を求めてしまうのでしょうか?

 

因みに同調査結果では、新居の取得後に、「被服費」を削減する家庭が約3割いらっしゃいます。高齢者だけの住居を除き、本来であれば増え続ける一方の被服費を削減するという事は、住宅ローンの返済や生活費の上昇が家計を圧迫するので、泣く泣く削減しているのかもしれません。

 

さらに、被服費と同様に3割程度の家庭が「交際費、こづかい」を削減しています。理由は被服費の削減と同様なのでしょうが、住宅取得によって、「節約」ではなく「我慢」を強いられている実態が見て取れます。

 

住宅取得のプロセスのどこかで、本人が気が付かない無理をしてしまった(または、させられた)結果が「生活の質」を落とすことになってしまっています。教育費の必要な家庭であれば、削減した費用を増やす余裕が訪れるのは、定年間際ぐらいになる事も考えられます。バランス感覚に欠けた住宅投資をしてしまう事で、長期にわたる我慢続きの生活を、自ら望んでしてみたい方はいらっしゃらないでしょう。

 

建築会社や不動産会社の営業マンは、あなたの将来の不満まで面倒を見てくれるはずはありません。住宅取得以前にライフプラン書で将来設計を把握しておかないと、建物だけが立派で生活は貧相になってしまいますよ。

 

 

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
お家の進路相談所®
株式会社ハウジングコンサルティングファーム
http://hocs.jp
〒444-0059 愛知県岡崎市洞町字西五位原1-1 GoonFactory 102
TEL(0564)26-0222 FAX(0564)26-0220 △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

カレンダー

2017年12月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222