お家の進路相談所スタッフブログ

住宅ローンを支払えなくなると。

 

あまり考えたくない事ですが、住まいを購入して住宅ローンを借入した人が、もし途中で返済できなくなるとどうなるのでしょう。意外に多くの人が『その時は家を手放せばいいでしょ。』とお考えのようですが、実際にはそんなに簡単には話は済みません。

 

まず、“売却価格が残債を上回ることができるか?”土地価格が右肩上がりの時代ならともかく、現在では住まいは購入と同時に値下がりしていきます。値下がり以上に返済していれば良いのですが、購入時に頭金を相当額支払っていないと売却価格が残債額を上回る事はありません。ということは、足りない分を預貯金から支払わなくてはなりませんが、住宅ローンの支払いができないのに預貯金があることは考えづらいです、つまりは「売りたくても売れない。」のです。

 

他には、“賃貸に出して家賃をもらい、それでローンを支払う”という方法があるかもしれません。しかしこの方法の欠点は、希望する金銭条件で借り手が見つかるかどうかにつきます、また賃貸物件にする場合は貸しやすい物件でなければなりません、立地条件や間取りなど借り手の希望に沿う条件でなければそもそも難しいでしょう。

 

どちらの方法も実際には簡単に実行に移せることではありません。このような方法を考える前に、借入先の金融機関などに相談し、返済期間の繰り延べや一時的な猶予などをまずは持ちかける方が良いでしょう、さらには民事再生申請などの法的手続きにより他のローン負担を減らし、住まいだけは守るという方法もあります。

 

民事再生などの方法もとれず、最悪の場合は、金融機関から差し押さえをされて“競売”ということになります。その場合は住まいを強制的に売却され、退去させられてしまいますが、それでも残債が全て無くなることはないので、足りない分のローン支払いの義務は残ります。

 

 住まいの購入はできるだけ計画的に行っていただきたいですが、不慮の事故や思いもかけない事態に見舞わられることが絶対ないという事もありません。そのような事にも対処できるように余裕を持ったスタートを切ることをお奨めします。

 

 

 不動産業者や建築業者そして金融機関は、間接的だとしても住宅ローンの返済困窮者を生み出しています。だとすれば、そういった方をひとりでも少なくなるように努力することが、関係業者の社会的責任であることは間違いありません。

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

株式会社ハウジングコンサルティングファーム

http://hocs.jp

一般社団法人マイホームマイスター協会

http://www.myhome-meister.jp

中日教えてナビ

http://oshiete.chunichi.co.jp/mikawa/pro/169/

個人入札 愛知

http://aichi.kojinnyusatsu.com

 

444-0059 愛知県岡崎市康生通西三丁目5

 森岡崎ビル301

TEL(0564260222 FAX(0564260220

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 

 

カレンダー

2017年11月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222