お家の進路相談所スタッフブログ

「3世代同居住宅向け補助金」は不公平感を否めない。

2016/3/18

 

 政府が2016年度予算案に盛り込んだ3世代同居住宅への補助制度が、「豪邸への補助」だと批判を受けています。問題は3世代同居向けの補助なのに、実際には同居は絶対条件ではなく、あくまでも3世代で住める仕様にすることが条件です。

 制度案は、

①木造であること(別途基準はあるようです)

②キッチン、浴室、トイレ、玄関のうち2種類以上が複数ある家

 

 予算案は150億円もあり、3~5万棟分もの巨額予算です。どうして木造だけなのか、どうして設備が2種類なのか、ほとんど意味不明ですが、きっとこのまま決まるでしょうから、住宅取得を勧めるコンサルタントの立場で言えば、これから住宅を建てるつもりの方は要チェックです。しかし、増税分を補って余りある金額ですから、対象にならない人から見ると不公平に感じることでしょう。

 

 「豪邸の補助」という指摘があっているとも思いませんが、3世代同居を促進すれば、少子化対策になるという考えのようで、国交省がその問題にしゃしゃり出るよりも、やらなければいけないことが他にもあるのではないでしょうか、だから「日本死ね」なんて言われるのです。

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

お家の進路相談所

株式会社ハウジングコンサルティングファーム

http://hocs.jp

〒444-0059 愛知県岡崎市洞町字西五位原1-1 GoonFactory 102

TEL(0564)26-0222 FAX(0564)26-0220

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

カレンダー

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222