お家の進路相談所スタッフブログ

地鎮祭しますか?

2015/11/25

 

 

 筆者は既婚者ですので結婚式の経験があります。弊社のお客様である、これから住宅を取得しようとされる方も、多くの方が結婚式の経験があることでしょう。

 

 儀式の様式を問わず「式」を迎えるとき、大抵はそれほど経験したことがないので、「どうすればよいのだろう。」「‟普通“はどうなのだろう。」「費用はどれぐらい?」などわからないことだらけです。結婚式のような場合は情報誌やノウハウ本がいくらでもありますし、経験者が必ず身近にいるので、相談する相手が見つかるものですが、住宅建築に関わる「儀式」になると相談相手探しに一苦労します。

 

 住宅建築に関わる儀式となると、地鎮祭、起工式、上棟式、入居祓い、解体祓い、魂抜き、魂入れ、等々です。地域の慣習や宗教宗派によって内容や回数が異なりますが、どの方式でもフルセットで行うことになると、段取りの調整や思わぬ費用負担で多くの方が振り回されることになります。

 

 本来ならば、その手の相談は、神主さん、住職さん、牧師さん、神父さんなどの自分の宗教で懇意にしている方に相談するべきなのでしょうが、無宗教若しくは私のように、神式で結婚式を挙げ、お盆に住職に来てもらい、クリスマスにケーキを食べるような典型的な日本人は、相談する相手がいないので、考えれば考えるほど途方に暮れてしまいます。

 

 そこで日本の住宅建築の世界では、儀式の場では主役ではないはずの、建築会社が主導権をもって儀式を執り行うのが一般的になってしまいました。施主側に、知識もコネクションもないのですから、致し方ないことではありますが、これが結構トラブルになったりします。

 

 筆者の知人のハウスメーカーの営業マンは、自社で段取りした地鎮祭の時に、施主の両親が「こんなのは地鎮祭じゃない!!!」と猛烈な抗議の果て、契約解除にまで至った経験があるそうです。甘く考えたハウスメーカーにも責任はありますが、常識とは百人いれば百通りある典型的な例でしょう。

 

 初めて住宅を建てるのであれば、儀式のしきたりなど知らなくて当然かもしれませんが、住まいづくりは生涯をかけた一大事業という考えであれば、真剣に取り組む必要のあるものかもしれません。少なくとも経験のない若い世代は、取り掛かる前に年配者に相談するなどすれば、トラブル回避のきっかけを得られることでしょう、弊社に相談に来ていただくお客様には、できるだけ早い段階で両親等に相談していただくことをおすすめしています。

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 お家の進路相談所

 株式会社ハウジングコンサルティングファーム

 http://hocs.jp 

〒444-0059 愛知県岡崎市洞町字西五位原1-1 GoonFactory 102

TEL(0564)26-0222 FAX(0564)26-0220

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

カレンダー

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222