お家の進路相談所スタッフブログ

住まいづくりでの夫への不満。

2016/6/17

 

某建材メーカーのアンケート調査で、興味深い結果を見かけました。

 

住まいを建てた(購入した)とき、夫に対してどのような不満を持ったかを複数回答で聞いたところ、夫に対して不満を持った人は32.3%で、内訳は

 

①「もっと相談に乗ってほしかった(相談しても適当な返事をした)」(12.5%)

②「予算も考えずに理想ばかりを語る(高望みしすぎる)」(8.0%)

③「相談ではなく、自分の意見ばかりを押し付けてきた」(6.8%)

 

とのことです。

 

 

①に該当する夫は「無関心型」。住まいに関して積極性の無い「夫」は意外に多く、全てを奥様任せで済ますタイプです。営業マンからすると最も御し易い相手なので、奥様がよほどしっかりしないと、住宅取得に失敗することが目に見えています。

 

②のタイプは「暴走型」。最悪の場合、意地を張り、予算を大きく超過しても引き下がることができず、ローン返済に困窮するタイプです。このタイプの「夫」も営業マンからすると「上客」の部類に入ります。

 

③は「暴君型」。気の弱い営業マンは、夫婦のどちらに付けばよいのか分からず右往左往、最後の最後までギクシャクするので、契約が終わったら早く手を引きたいタイプ。親身になってあげたくても波風が立つのが嫌なので、営業マンが当たり障りなく済ますようになり、結果として充分なサービスが得られないこともある。

 

どのタイプも何らかの損をしています。よほど運が良く、「夫」をうまくコントロールできる営業マンに出会わなければ、心から満足できる家づくりは叶いそうにありません。

 

成功する住まいづくりのコツは、住まいを家族の共有財産と考え、家族全員で取り組むことです。もし家族の中に非協力的な人がいる場合は、タイミングを見直すくらいの決断も必要になるかもしれません。

 

三分の一の確率で「夫」は不満を持たれています。「自分は大丈夫だ。」と思っているあなた、本当に大丈夫ですか?

 

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△ お家の進路相談所® 株式会社ハウジングコンサルティングファーム http://hocs.jp 〒444-0059 愛知県岡崎市洞町字西五位原1-1 GoonFactory 102 TEL(0564)26-0222 FAX(0564)26-0220 △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

カレンダー

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222