お家の進路相談所スタッフブログ

土地探しの落とし穴。

 

 

待ちに待った梅雨明けですね~。今朝の空の美しさは『本当に梅雨が明けましたよ。』と力一杯教えてくれているような空でした、でもこれからは灼熱地獄との戦いが始まります、考えるだけで汗が出てきます。

 

暑くなると外にはできるだけ出たくなくなりますが、土地探しではそれは禁物です

 

土地を探しているのになかなか見つからない人に共通するのが、

「今見ている土地よりもっといいものがあるかもしれない。」

「来週のチラシまで待つとひょっとすると・・・。」

という考え方です。確かに一理ありますが、その考え方では終わりは見えません、計画的であるように見えて実は無計画なのです、計画には期限の決まりが無ければ“計画”とは言えません。

 

住まいを探している方の気持ちを考えると、土地は買い替えの利かない買い物だとわかっているからこそ、踏ん切りがつかないのでしょうね、これが土地探しの『落とし穴』です。テレビや冷蔵庫などの電化製品を購入する時でも「もう少しまでは安くなる。」とか「新製品がそろそろでるかも・・・。」と考えているうちに故障して修理費がかかってしまったり、値段の高い時期に買わなければならなくなってしまったり、タイミングを逃すという事は値段的にも品質的にもあまり良い結果はでないものです。

 

 まずは行動することです、ネットやチラシで情報収集も良いですが、やはり実物を如何に多く見ることができるかで成否が決まるといってもよいかもしれません。最初は『これから見に行く物件は絶対に買わない。』事を前提にして見学に行ってもよいでしょう。たとえ買わない前提でもそれを繰り返せば、それなりに物件を評価する、自分なりの着眼点や注意点を身に付けることができるようになります、何度か練習を繰り返すほど自分の中の考えがまとまってくることが解る筈です。

 

 それでも決められなければ“建物の間取り”から決めていっても良いでしょう。取り敢えずの間取りでよいので、チラシや雑誌の気に入った間取りを参考にして、その間取りが収まる土地で選べば、必然的に絞り込むことができるようになります。

 

 もし注文住宅を建てたいのであれば、住宅ローンの関係上、建築をまかせる会社が決まっていないと融資がスムースにいかないということありますので、建築の計画は土地探しと同時進行で進めることをお勧めします。弊社では建築会社を問わず、希望の間取りの制作と概算費用の算出をすることもできますので、同時進行で土地探しが可能です。

 

 

 

カレンダー

2017年11月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222