お家の進路相談所スタッフブログ

解体工事

 

 

注文住宅を検討される時、建て替えや中古住宅を購入してから更地にするなど、解体工事が必要な場合があります。

 

 住宅建て替えに伴い、解体工事を行う場合、建築主が解体工事を発注する相手は、主に二つのパターンに分かれます、ひとつは住宅を建築するハウスメーカーに住宅建築と同時に依頼する方法。ふたつめは建築主様自らが解体業者に発注する方法です。

 

 ふたつめの方法であれば、住宅の建築会社とは関係なく解体工事を行えるので更地化した後で自由に建築業者を選択できますし、ハウスメーカーごとに解体費の比較をする必要は無くなります。ただし、問題はご自身で信頼できる解体業者を探したり、ハウスメーカーに依頼するより手間がかかるのでその時間と労力が捻出できるかです。

 

 ひとつめの方法の、ハウスメーカーに解体工事を依頼した場合、複数のハウスメーカーで金額提示をさせると、各社異なった金額になります。理由は下請け業者が変われば当然金額が違いますし、ハウスメーカーがマージンとして上乗せする金額が各社違うので、もちろん変わってきます。その差は上下2030%程度の差が出ても不思議ではありません。

 

 ただし、ハウスメーカー側が、当初から競争があるという事が分かっていると、解体費の価格の高低は、他社と比較されて自社の見積り全体が、高額に見られてしまうことが明らかなので、その部分(解体工事)だけ原価同等の金額で提示し、他の部分で帳尻合わせをしようとするハウスメーカーもいますので、注意が必要です。

 

 解体工事は価格の高低も重要ですが、適切な工事を施工してもらう事の方が、さらに重要です。解体の方法・解体ごみの処分方法・近隣への影響と対処など解体業者によって分かれてしまう事もありますので、見積もりの中身と施工業者の吟味が必要です。安さだけに目を奪われ、不法な処分などをされると、排出者(建築主)まで処罰されることもありますのでお気を付け下さい。

 

 

 住まいづくりで最も重要なのは、信頼のできるパートナーを選ぶことができるのかにつきます。

 

 

 

 

 

 

カレンダー

2017年11月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222