お家の進路相談所スタッフブログ

家は夏を旨として建てよ。

 

 

今朝の空は、マグリットの描いた雲を彷彿とさせるような美しい空でした、時々、季節の変わり目は、日本に生まれて良かったと再認識させてもらえます。

 

暗い話題が続くとき、美しい空を見上げるだけでほんの少しだけでも晴れやかな気分になれるのは、脳ミソの構造が単純な私だけですかね?

 

 

来週には子供たちは夏休みに突入です。お子様がいらっしゃる家庭の皆さん、戦々恐々としていらっしゃいますか?特に主婦の方は大変ですね、朝から晩まで怪獣と化した子供たち(さらにお盆休みになると旦那が追加される)が、ベトベトとまとわりつくのを考えるとさらに暑さが増します。

 

節電が日本人の必須事項になってから、熱中症に対する不安が増しました。熱中症にかかる人が多いのは、実はマンションを含む“家の中”が最も多いです。どうして家のなかが一番多いのかと言えば、現在の家屋はマンション・戸建てを問わず、住宅の高性能化によってとても気密性が高くなっています。そのお陰で「夏、涼しく」「冬、暖かい」、快適な生活が送れるわけですが、半面、室内にこもった熱や湿気が外に逃げにくいといった“負の効果”が災いし、そのことが被害を助長している側面があります。特に、マンション最上階の住戸などは「高温」「多湿」「風の通りが悪い」といった熱中症を発症させる条件が整っているともいえます。

 

現在の高気密・高断熱の仕様の家屋は窓を閉め切り、冷暖房を機械(エアコン)で行う事を前提にしていますので、電気を全く使わない「行き過ぎた節電」には不向きともいえます。

 

今、見直しが必要なのは“風通し”なのではないでしょうか?『昔の家は、なんとなく良かったよね~。』という日本家屋は、必ず風通しを重要視して建てられていました。一見、風通しの条件が悪そうに見える京都の町屋も、中庭などを用いて家の中に“風の通り道”をつくっています。

 

吉田兼好は700年も前に言いました、「家は夏を旨として建てよ」と。

カレンダー

2017年11月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222