お家の進路相談所スタッフブログ

住まいの買い時とは。

 

 

今は住まいの買い時なのか? 消費税アップ、ローン控除、金利などの面から見ると現況は住まいの購入に適した「今が買い時」であると言えるでしょう。

しかし、住まいの購入時期の決定に関しては、税制・金利・補助政策などの外的要因がすべてではありません。それ以上に買い手側の内的要因の方がさらに重要です。損得だけを重要視する投資や消費財の購入とは異なり、住まいは、家族全員が幸せになれる空間を共有し、大切な思い出を育む事を目的とするので、住む人の事情やタイミングこそが最も重要視されるべきです。

住まいの購入時期の決定に関する内的要因とは、
・希望する物件の購入に適した自己資金が用意できる。
・収入と支出に見合った借入額と返済方法を把握している。
・子供の教育環境(エリアや資金等)に対する考えがまとまっている。
・住まいの購入後のライフプラン(家族構成や自分の老後など)が描けている。

などが上げられますが、個人によって状況は異なります、他人の判断基準に振り回されないように判断しましょう。

 家族にとって本当に最適な住まいの購入時期を見極めるのは、それほど難しいことではありません。税制・金利・補助政策などの外的要因は常に変化する物であり、内的要因(ライフプラン)さえ整っていればチャンスをつかむのは容易いです。外的要因の良さだけに目を奪われて住まいの購入に走ってしまうのは、「オマケ」が欲しくて好きでもないお菓子を買うのと同じ行為です。本来は自分の好きなお菓子に魅力的な「オマケ」がついてくるのが理想です、好きなお菓子を無理なく買える条件を整えた人だけが、魅力的な「オマケ」を最適なタイミングで手に入れることができます。

内的要因が整っている場合は、外的要因に左右されずに購入時期を判断することができるでしょう。もし、今「迷い」があるのであれば、内的要因が整っていないのかもしれません。

住まいの購入は家族全員の後の人生に大きく影響する買い物です。どんな家にいつ住みたいかを考えるのと同時に、どんな人生を送りたいかを確認することで、おのずと無理のない購入計画が見えてくるのではないでしょうか。

 

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

株式会社ハウジングコンサルティングファーム

 http://hocs.jp

一般社団法人マイホームマイスター協会

http://www.myhome-meister.jp

中日教えてナビ

 http://oshiete.chunichi.co.jp/mikawa/pro/169/

個人入札 愛知

 http://aichi.kojinnyusatsu.com

 

444-0059 愛知県岡崎市康生通西三丁目5

 森岡崎ビル301

TEL(0564260222 FAX(0564260220

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 

 

カレンダー

2018年7月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222