お家の進路相談所スタッフブログ

中古住宅という選択もあります。

最近、立て続けに中古物件についてのご相談が多いので、


注意点を少々。


中古物件の場合は、建物の維持管理状況や設備などの傷み


具合の確認も必要です。



一戸建ての場合は建物の外壁や屋根、建物の基礎や土台


などを見て、大きなひび割れや傾きがないかを注意しましょ


う。自分では状態の判断が難しく不安な場合は、住宅の劣


化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所等について、専門の


民間業者に「ホームインスペクション」を依頼する方法もあり


ます。

なお、中古物件を見学する場合は、売り主が居住中のことも


ありますのでマナーに気をつけましょう、靴下を履き、手袋を


るぐらいの配慮が必要です。また、設備や内装の汚れや


傷、欠陥などに気がついても、後で不動産会社の担当者に


相談するといった配慮が必要な場合でしょう、だれでも目の


前で自分の分身の悪口を言われたら気分が悪いものです。

また、中古物件を購入してリフォームする場合は、希望通りに


リフォームできるかどうかあらかじめ確認しておきましょう。主


に、一戸建ての場合は、法律や条例による制約を確認する


必要があります。さらに、建物の構造上からリフォームが難し


い場合もあるので、リフォームを依頼する専門家などに相談


するとよいでしょう



その他にも融資を利用してリフォームをするなど、注意点が



いろいろあります。



特に中古物件の場合は、売り主がほとんどの場合一般個人



です、仲介業者がいるからと言って傍若無人な振る舞いを



すると、買主様にとっても決して良い結果になることはありま



せん。



中古物件の場合は、会社と人ではなく、人と人との取引に


なります、取引に感情が介入することもあるということを


お忘れなく、逆にその点が友好的に進捗できると、思わぬ


好結果を出すこともあります。


カレンダー

2017年12月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222