お家の進路相談所スタッフブログ

建売住宅と注文住宅が中古住宅になると。

 大掃除の季節になりました、今年こそはと毎年意気込みますが、結局先送りになってしまう箇所がいつもいつも・・・これではメンテナンスは大事ですよとお客様に言える資格はありませんね。
  建売住宅と注文住宅の違いって皆さんはどう思いますか?ちょっと視点を変えてそれぞれが中古住宅として再販されるときはどうなっているかを考えてみたいと思います。これはあくまでも私感なのでとくに統計データ等の裏付けがあるわけではありませんが、例えば中古住宅として売りに出されている『元建売住宅』を見てみるとあまりかわいがってもらっていないと言うか、メンテナンスもあまりされていない、一度壊れたところは長期間そのまま放置されていたのではないかなと感じる物件が多い気がします。
 対して『元注文住宅』が中古住宅として売りに出されている物件は、程度の違いこそあれ少しでも手をかけて快適に生活できるように努力をされた形跡を感じる場合が多い気がします。
 そういえば以前私がハウスメーカーに務めて施工担当をしていた時に建売住宅と注文住宅で解決に苦労するクレームの多いのは建売住宅の方でした。建売に対しては「完成品」を購入したと考えていらっしゃるでしょうから注文住宅以上の完成度の高さを求められるのかもしれません、そこでクレームの発生が重なるといつかは愛着も薄くなり手入れも疎かになってしまうのはないかと考えます。
 もちろんクレーム自体は褒められたものではないので非は施工者側にあるのですが、施工の質は建売と注文でも違いの無いように注意をして建築してもクレームの量で違いが出てしまうのです、理由としては建売住宅の場合、やはりお客様の建物への愛着の違いと家づくりの過程を共有していないからこそ起きる不満と不安があるのではないでしょうか。
  もちろんそういった方ばかりではないのでそういった事例は全体のなかではほんの一部のことではありますが、せっかくのマイホームですからいつまでも愛し続けるにはちゃんと手入れをしてあげてほしいです。
 
 でも建売住宅も悪いことばかりではありませんよ、以下に良い点を少し上げておきます、
・価格が安い(場合がある)
・立地条件が良い(場合がある)
・土地を効率よく使っている(決して広くない土地を無駄なく)
・早い(売り出し開始から引き渡しまでがスピーディー)
・品質が向上してきている(たぶん)
・トレンドを先取りしている(きっと)
 等々ちょっと冗談のように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが建売住宅ならではのメリットもあります。
 
 最近では新築の建売住宅を施工会社が販売せずに地元不動産業者が仲介物件として販売する“新築仲介物件”が多く販売されるようになっていますのでひょっとしたら希望のかなう物件にめぐり合える(かもしれません)。

カレンダー

2017年12月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222