お家の進路相談所スタッフブログ

夫婦仲良くが原則です。

 あなたが希望する物件の価格が高く、「夫だけの収入では住宅ローンの融資額が足らないけれど、どうすればいい?」という相談もあります、借り入れの上限額は大抵の場合、年収によって借りられる金額は制限されてしまいますのでその場合夫婦が共稼ぎであれば、妻の収入も利用して住宅ローンを申し込むケースがあります。
 また、奥様に相当の収入があり、住宅ローン控除を世帯として最大限に活用したいといった目的で、あえて夫婦で住宅ローンを申し込むといったケースもよく耳にしますね。
 いずれの場合にしろ、こうしたケースで使われる借り方が、「収入合算」あるいは「ペアローン」なのです、一見同じように見える借入手段ですが、内容は大きく違います(詳細は後日)。

 当然に世帯としての借入可能額は大きくなりますから、住宅ローンの利用者にとってはメリットが大きいでしょうが、同時に、夫婦の収入を最大限に活用して借入を行うということは、夫一人で借入をする時よりも当然にリスクが大きくなるということを、しっかりと認識しておいていただきたいです、特に妻の収入をどの程度まで返済に充てるかは、それぞれの家族構成や就業状態によって違ってくるものですから、慎重に判断すべきポイントです。「今は、夫婦共稼ぎだから…」といったことだけで、収入合算やペアローンを利用することは、将来の破綻予備軍に初めから志願する事を意味すると言っても過言ではありません。返済計画を十分に検討した上で、利用するようにしてください。

 くどいようですが、たくさん借りられるからたくさん返済できるわけではありません。将来の収入と支出の変動リスクの上に夫婦間の愛情リスクまで背負うわけですからさらに大変です、でもこれを理由に夫婦が円満にいくというのであれば悪くは無いかも知れませんけどね。

カレンダー

2017年12月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222