お家の進路相談所スタッフブログ

マイホームは何歳から考えればよいか?

 
 私の最初の持ち家は26歳のときに建てた小さな平屋です、今は自分では使っていませんが、古くなっても愛着があります。ところどころペンキが剥げてきたので塗装が必要なのですが、節約の為に今度は自分で塗装に挑戦してみようかなと考えてはいますが仕事を言い訳にしてなかなか始められません。

 日本FP協会のデータで20代の人が何年先に持ち家が欲しいと考えているのか調べたデータがあります。調査結果の概要は30%の人が何も考えていない、50%の人が20年以内に欲しい、残り20%がその他という結果です。実際の住宅取得のピークが30代ですので皆さん大体予定通りに行動されているようです。これまでは7割程度の方(高齢者になると9割程度)が最終的には一度は持ち家を取得されていますので、やはり早期に計画された方はマイホームを取得できる可能性が高いようですね、実際に取得するかどうかを問わず家づくりを考え始めるのは早いにこしたことが無いようです。

 以下は調査結果の抜粋です、
20 代)の住宅取得意識

住宅取得は、30 代、40 代に大きく伸びる傾向がありますが、それでは、住宅取得に関する若者の意識はどうなのでしょうか。本節では、2009 年に公表した当協会の「若者(20 )のライフプランニング意識調査」より、若者の住宅取得の意向をみてみたいと思います。

グラフ2 は、将来持ち家を希望する人が何年先にマイホームを取得したいかを表しています。これをみると、若者の希望は「特に考えていない」が30.6%と一番多いものの、「10 年以内」、「20 年以内」が23.2%、13.8%と多くなっています。これは、20 代の若者が、ライフプランを考える上で、持ち家を希望する場合「10 年以内」、「20 年以内」に住宅を取得したいということです。現在の不透明な経済環境下においても、一定の年齢になれば、住宅を持ちたいと思う若者が相当数存在するといえます。
 
 

 今日は午後からお客様の地鎮祭に立会いさせて頂きました、ビデオカメラをお持ちでしたのでカメラマンをかってでたのですが、自分の撮影センスの無さに愕然としました。慣れないことはするもんじゃないですね、ビデオカメラに高機能の手振れ補正が付いていることを願うばかりです、Yさん申し訳有りませんでした。
 
 
 

カレンダー

2017年11月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222