お家の進路相談所スタッフブログ

一戸建て住宅だからできる事

 

 

 住宅の種類はいろいろありますが、土地付き一戸建ての住宅だからできる事があります。これから住まい探しを始める方で、将来の収入の不安解消のひとつは「リバースモーゲージ」があります。

 

リバースモーゲージとは自宅を担保にする「年金制度」の一種です。土地付き一戸建てを所有しているが現金収入が少ないという高齢者世帯が、住居を手放すことなく収入を確保するための手段として利用します。自宅を担保にして銀行などの金融機関や、社会福祉協議会などの公的機関から借金をし、その借金を年金という形で受け取る。受け取る金額は、年月と共に増える借入金が死亡時に自宅の評価額と同じになるように調整され、死亡時に金融機関が契約者の自宅を引き取って清算する仕組みです。

 

住宅は、住宅ローンを完済してやっと完全に自分の物になります。資産としてはそれで良いのですが、住みながらではお金に代えることはできないのが難点です、単純に住宅を担保にお金を借りる場合はすぐに返済を始めなければなりませんが、毎月分割してお金を借りて、返済するのは自分の死後に不要になった住宅を売却して返済する仕組みですから、最後まで自分の家に住み続けることができます。

 

最近までは一部の金融機関しか手掛けていませんでしたが、公的機関が取り組み始めたことにより普及に弾みが付きそうです。老後の生活資金に対する不安があるために住宅購入に踏み切れなかった方は、これでひとつの安心材料になります。

 しかしながら、現状での公的機関の場合は、生活補助の延長線のような位置づけです。岡崎市においても平成21年の導入以来、わずか数件しか実績が無いそうです。注意しなければいけないのは、基本的には土地の評価額を基準として融資が判断されますので、基準額に満たない不動産では融資が受けられません(岡崎市の場合は固定資産税評価額において1500万円以上だそうです)。

 この分野においては民間の方がまだ利用し易いみたいですね、都市銀行を始め地方銀行や保険会社、信託銀行なども参入してきていますので、今後さらに利用し易くなるのではないかと期待します。

 残念ながらマンションの場合、一部を除きリバースモーゲージを利用できる金融機関は少ないです、理由は金融機関の考え方が、依然として“土地至上主義”のままだからです。一戸建ての場合は、建物が朽ち果てようが土地は必ず残りますから財産価値が高いと判断するのでしょう。

 住まいを購入する時は、自分の老後の生活まで想定するのがベストです。最初からリバースモーゲージありきではダメですが、いざという時に使える“カード”があれば心のゆとりができます。

 

 

カレンダー

2017年11月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

  • まずは一度、お気軽にご相談ください。

  • 0564-26-0222